スノーダンプの価格を比較してみた

スノーダンプの価格を比較してみた。

降雪地方では必須アイテムといっても過言では無いスノーダンプ。
どこで買うのが一番安く入手できるか比較してみました。
これから初めてスノーダンプを購入しようとしている人の役にたてばと思います!

目次

  1. 購入場所をざっくり絞る
  2. 比較してみる
  3. 一番お得なのは・・・

購入場所をざっくり絞る

さて、比較してみるとは言っても、今の世の中「物を買う方法」はたくさんあります。
そこで、比較の対象とする購入方法を絞りたいと思います。

①ホームセンター
②某なんでもある激安の殿堂
③ネット通販

他にも「メル○リ」とか「ジモテ○ー」とかも見てみたい気がしますが・・・
これらはおいおい調べてみます。

比較してみる

比較の際は、出来る限りサイズや素材などが同じもので比較したいと思います。

まずは①ホームセンターです。

こちら、定番のサイズ・カラーのスノーダンプ。

価格は1,980円

ちょっと安めかな・・・。
さらに、こちらのホームセンターであれば、使用中のスノーダンプを無料で引き取り
してくれます。

スノーダンプを市の大型ゴミとして回収してもらう場合は、200円が必要になります。
(※札幌市の大型ゴミ手数料です。)

初めてスノーダンプを購入する人には恩恵はありませんが、
スノーダンプを買い換える人であれば-200円になるので、1,780円となるので、少しだけお得になりますね。

次は・・・

②某なんでもある激安の殿堂

みなさんご存知、ドン・ドン・ドンのお店です。
きっと激安だろうと思ったのですが・・・すみません。
この記事を書いているたった今が、完全なオフシーズンということもあり、情報がありませんでした。
なんとか、個人のブログで見つけた情報も、何年も前の記事で、さらに写真がないため、どんなサイズ
や材質だったのかも不明・・・。

金額に関しては2,000円との記載あり。
・・・申し訳御座いませんが、超超超参考数値(価格)ということでお願いします。
今年の冬に、店舗に行ってこの記事更新したいと思いますので、気長にお待ちいただければ・・・。

さて、最後に・・・。

③まぁ、最有力です。ネット通販

今の世の中、ネットが安いですよね。
そりゃそうだと思います。
だって人件費とか色々かからないですもんね。
あ、でも送料とかあるか・・・。
見てみましょう!

ネットで調べる場合は、「スノーダンプ 通販」で検索をし、検索結果の一番のうえのサイトを調べます。
サイトのなかでも、商品の並びを「安い順」に並べ替え、一番最初に出てきたスノーダンプの価格を対象
にしたいと思います。※ただし、サイズや素材の近しいものとします。

それが、こちら。

※画像クリックで購入ページに移動します。

す、すこし高いだと・・・。
うーん、ただ、メーカーが「ニラサワ」になっています。
ニラサワ製販と言えば、「ママさんダンプ」の商標を持っている会社です。
・・・やはりクオリティが違うからこその金額なのでしょうか。

一番お得なのは・・・

今回の比較結果だけでみますと、一番お得なのはホームセンターです!
※あくまで個人的な意見です。

今回調べた価格だけでも、まず安いという点と、ネットとは違い、実際に触れる、持ってみること出来るという点が良いですね。
ネットで安いのを購入したけど、凄く小さかったとか、プラスチックがペラペラで、すぐに穴が空いた・・・なんてこともないでしょう。

近所にホームセンターがある方は、一度見に行ってみると良いかも知れませんね♪

ママさんダンプ(スノーダンプ)おもしろ画像8

ママさんダンプ(スノーダンプ)おもしろ画像8

◆ファーーー!!!このパターンの壊れ方始めて見ました。

ママさんダンプ(スノーダンプ)の持ち手の部分が折れちゃうってことあるんですね。
・・・私が世界を知らないだけでしょうか。←
重い雪を「ぐっ」とやった時に「バキッ」って感じでしょうか。

◆はい。きましたーはい、かわいいー

もうね、ねこちゃんとママさんダンプ最高ですね。
いやもう、ねこちゃん最高ですね。定期的に紹介していきますよ。笑
そのうちママさんダンプほったらかしで、ねこちゃんだけ紹介するかも・・・笑

◆つららとママさんダンプ・・・アートですな。

つららって幻想的でカッコイイですよね。
あ、ツララって食べられるんですよ!(←注意)
こどもの頃は下校途中にツララ食べながら帰ってたなぁ・・・。
(・・・っていうツララの話)

←ママさんダンプ おもしろ画像7に戻る

→スノーダンプおもしろ画像(番外編)を見る