さっぽろ雪まつり終了 ありがとうママさんダンプ

第68回(2017年)さっぽろ雪まつり 終了

さっぽろ雪祭り
終わってしまいました。

結局
時間の都合上、開催2日目にママさんダンプを探しに出かけ、
かろうじて1台発見出来たあの日しか、参戦することは出来ませんでした・・・。

ニュースでご覧になった方もいるかと思いますが、
開催が終了すると、すぐに雪像を壊してしまいます。

今でも会場には、
「これはスターウォーズの雪像だった雪だな・・・」
という具合に、雪の塊がこんもりと残っているだけです。

まだ、雪まつりの名残が残っているうちに、何かしら雪祭りと関係するママさんダンプの情報をお伝えしたいと思い、
さっぽろ雪まつり公式サイトを眺めてきました。

すると、

面白い情報がありましたよ!!

さっぽろ雪祭りは「市民雪像」といって、
一般の方も雪像作りに参加が出来ます。

参加に関しては、毎年募集数を大きく上回る応募があるそうで、抽選に当選したグループが参加出来るそうです!

この市民制作に関するガイドブック(PDF)が、公式サイトから見ることが出来るのですが、その中の「貸出し用具について」のところ・・・

(3)貸出用具は、スコップ、ケレン棒、ナタ、のこぎり、バケツ、はしご、スノーダンプ、ほうきです。(各1個)
引用 – http://www.snowfes.com/entry/img_sculp/68-guide.pdf

!!!

スノーダンプ貸し出されてる!!
(ママさんダンプと記載されていればもっと良かった)
(貸し出されているものの中にプラスチック製[ママさんダンプ]もきっとあるはず)

さすがですね。

さっぽろ雪まつり運営の方も、ママさんダンプは必需品だと認識されているのだと思います。

さっぽろ雪まつりのサイトをウロウロしている際に、とても良い写真を発見しました。

こちらの写真は大通り会場の市民雪像のエリアの写真です。

おわかりになりますか?
女性がママさんダンプを使ってますね~
(個人的にはもっと雪を乗せて運んでほしい。)

こちら今から10年前の2007年の雪まつりの写真なんです。

確かになんとなく歴史を感じるような・・・笑

私も今年の雪まつり、早くにお邪魔していればこんな写真が撮れたのに。

来年の雪まつりこそは、
たくさんママさんダンプの写真を撮ってきます!!笑