さっぽろ雪まつり終了 ありがとうママさんダンプ

第68回(2017年)さっぽろ雪まつり 終了

さっぽろ雪祭り
終わってしまいました。

結局
時間の都合上、開催2日目にママさんダンプを探しに出かけ、
かろうじて1台発見出来たあの日しか、参戦することは出来ませんでした・・・。

ニュースでご覧になった方もいるかと思いますが、
開催が終了すると、すぐに雪像を壊してしまいます。

今でも会場には、
「これはスターウォーズの雪像だった雪だな・・・」
という具合に、雪の塊がこんもりと残っているだけです。

まだ、雪まつりの名残が残っているうちに、何かしら雪祭りと関係するママさんダンプの情報をお伝えしたいと思い、
さっぽろ雪まつり公式サイトを眺めてきました。

すると、

面白い情報がありましたよ!!

さっぽろ雪祭りは「市民雪像」といって、
一般の方も雪像作りに参加が出来ます。

参加に関しては、毎年募集数を大きく上回る応募があるそうで、抽選に当選したグループが参加出来るそうです!

この市民制作に関するガイドブック(PDF)が、公式サイトから見ることが出来るのですが、その中の「貸出し用具について」のところ・・・

(3)貸出用具は、スコップ、ケレン棒、ナタ、のこぎり、バケツ、はしご、スノーダンプ、ほうきです。(各1個)
引用 – http://www.snowfes.com/entry/img_sculp/68-guide.pdf

!!!

スノーダンプ貸し出されてる!!
(ママさんダンプと記載されていればもっと良かった)
(貸し出されているものの中にプラスチック製[ママさんダンプ]もきっとあるはず)

さすがですね。

さっぽろ雪まつり運営の方も、ママさんダンプは必需品だと認識されているのだと思います。

さっぽろ雪まつりのサイトをウロウロしている際に、とても良い写真を発見しました。

こちらの写真は大通り会場の市民雪像のエリアの写真です。

おわかりになりますか?
女性がママさんダンプを使ってますね~
(個人的にはもっと雪を乗せて運んでほしい。)

こちら今から10年前の2007年の雪まつりの写真なんです。

確かになんとなく歴史を感じるような・・・笑

私も今年の雪まつり、早くにお邪魔していればこんな写真が撮れたのに。

来年の雪まつりこそは、
たくさんママさんダンプの写真を撮ってきます!!笑

さっぽろ雪祭り会場でもママさんダンプ!いや、スノーダンプ?

さっぽろ雪祭りにもママさんダンプが?!

今年も始まりました。

さっぽろ雪祭り!

今年は第68回目の開催です。

早速私も参加してきました!
たくさんの雪像と、たくさんのお客さんで会場はとても盛り上がっていました。

初日は時間の都合で途中までしか見ることが出来ませんでした。残念・・・。

しかし今回は雪像はオマケです。

私の目的は、雪祭り会場でママさんダンプを見つけること!!

会場のお客さんは、みんな雪像を見ながらワイワイ楽しそうにしています。
海外からのお客さんも楽しそうに写真を撮っていました。

そんな楽しい雰囲気の中、雪像の裏側や、会場の本部(プレハブ小屋のような)の裏をこそこそと覗き、ママさんダンプ(スノーダンプ)を探していたのは、恐らく私だけでしょう。

雪像の写真もほとんど撮っていません。

撮ったといえば、会場に来たことを読者の方にわかってもらえるようにと撮った、記事上部の写真と、この雪ミクの写真だけです。(そして撮影が下手)

雪祭り 雪像

途中で気付いたのですが・・・
すでにお祭りが開催されているのに、除雪や整備用道具のママさんダンプやスコップが出しっぱなしになっていることなんて、あまりないですね。
さすがさっぽろ雪祭り!徹底された世界観作りが素晴らしいです。

ですが、このままだと私の目的が果たせません・・・。
ライトアップ終了のアナウンスが流れてしまい、ここまでか・・・と思ったそのとき!
目の前に海外のチームが雪像を作っているところを発見しました。

これはもしかするかもしれないと思い、足早に雪像に近づきました。
すると・・・

ママさんダンプ

ママさんダンプあった!!

・・・いや待てよ。
この材質は恐らくアルミ
ママさんダンプとは?でもご紹介した通り、アルミ製のものはスノーダンプですね。
残念ながらこの日はママさんダンプとは出会えませんでした。

次の狙い目は開催期間中の雪の降った日かと思っています。
雪像に積もってしまった雪を払い、払った雪を移動させるのに必ず使うはずです!

続報をお待ち下さい!!(笑